第30回城東地区幹部研修会in葛飾

城東地区幹部研修会平成28年3月21日に開催された「第30回城東地区幹部研修会in葛飾」に参加しました。
今回で30回を迎えた城東地区幹部研修会ですが、そもそもこの研修会を知らない方もいらっしゃると思いますので、少しご説明します。
城東地区幹部研修会とは?
足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区の各区聴覚障害者協会が集まり、城東地区聴覚障害者団体懇談会が構成されています。
毎回、幹部研修会の開催地と主管を持ち回りして、その時々の時事や話題の事項、または継続的に議論が必要とされるテーマに沿って、専門分科会に分かれて議論を行います。
今回は「手話言語法」「防災」「高齢者」「青少年」「手話サークル」の5つの分科会に分かれて議論が行われました。
例えば、「手話言語法」については、地域の手話言語条例やコミュニケーション条例等の制定状況並びに進捗状況の発表や、これから制定を目指すにはどのような活動が求められるのか等が議論されました。
また「防災」では、聴覚障害者の立場としての防災への関心・意識や、地域聴覚障害者協会と自治体などとのかかわりについて、現状報告などが行われたようです。
その他に「高齢者」「青少年」「手話サークル」についても活発な議論が行われたとの事です。〈いも〉


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。