『城東地区幹部研修会』について。報告と説明です。ご存知でしたか?

4月9日(日)。『第31回城東地区幹部研修会』が開催されました。サークル代表として、井元会長が出席しました。その報告と研修会についての説明です。

【城東地区幹部研修会ってなに?】

1年に1回、台東区、江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、足立区、そして荒川区の7区の聴覚障害者団体(ろう協)幹部や通訳者、サークルの役員などが集まって、様々な問題について議論する場です。

【今年のテーマはなに?】

今年の分科会とテーマは以下の4つです。各々に助言者(有識者)が参加し、出席者の発言に助言を行ったりします。

第一分科会 ろう運動/手話言語法
第二分科会 防災
第三分科会 高齢
第四分科会 手話サークル

これまで『幹部研修会』についてあまりよく知らなかった方には、内容を理解するきっかけにしてください。
「みんなの手」のサークル運営には、いろいろな役割があります。会員各自が担当して活動しています。
その内容は、これからすこしずつ紹介していきます。どうぞお楽しみに。