【学習風景】「指文字カード」で手話表現のゲームをしました。

6月15日のサークルは「指文字カードを使ってゲーム」をしました。
ルールは「ババ抜き」と同じで、交互に相手のカードをとり、手札のカードの中から、2枚のカード(指文字)を組み合わせて、ひとつの手話表現をつくります。
組み合わさったらそのカードをすてます。最後に残ったほうの負け。〈いもやん〉