【投稿】検査色々


こんにちは。井元です。
今日は7月17日(金)新型コロナ落ち着いてきたかと思ったら、第2波が全国各地で発生し、見通し真っ暗、心配ですね。
さて、今日は「検査色々」についてお話したいと思います。
毎日、テレビ等のニュースや会見のワイプで通訳者の日々新しい言葉の表現をご覧になっていると思いますが、中には意味がわからないけど、まーいいかと思ってる方も居るのではないでしょうか。
わからない事をそのままにせずに、キチンと意味を掴んで理解することが大切です。
現在、新型コロナに関する「検査」について報道にも有りますが、先ず良く目にする「PCR検査」。
これは体内に新型コロナウィルスが居るか居ないかを調べる検査です。居ない場合は「陰性(-)」、居る場合は「陽性(+)」つまり感染していると言うことです。
次は抗原(こうげん)検査。PCR検査に先立って行われる簡易検査で、インフルエンザの検査と同じ様な方法で「陰性」「陽性」を判定しますが、PCR検査と比べると正確性が劣るとのことです。
次は抗体(こうたい)検査。これは以前に新型コロナウィルスに感染した事が有るか無いかを調べるもので、指先から少量の血液を採取し、検査キットに付けて10分程度で判定結果が得られるというものです。「陽性(+)」は感染経験あり、「陰性(-)」は感染経験なしとなります。「陽性(+)」の場合は体内で「抗体」が見つかれば、感染を防ぐための(力)「免疫(力)」があるとされ、再び感染しないとも言われていますが、現在研究中の為、正確には分かりません
「ワクチン」は皆さんもご存知だと思いますが、例えば今回の新型コロナウィルス(インフルエンザ等も同じ)の場合、感染力を弱めたウイルスを注射により少量体内に取り込み抗体を生成する事により免疫(力)を身につけ、感染を防止すると言うものです(現在、世界各国で研究・開発中)。 情報を掴む事は我が身を守ることになります。
またお会いしましょう。


One thought on “【投稿】検査色々”

  1. わかりやすい検査法の解説をありがとうごさいました。一般的に抗体は、感染していなければもちろん作られませんが、感染しても作られないこともあります。つまり、何度でも感染してしまうこともあるのです。新型コロナは感染しても抗体が作られにくいとの報告もあるようです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。